本当に正しいFX業者の選び方

失敗から学んだFX損切の重要性

FX歴は約10年の中堅トレーダーです。しかし肝心の成績は、通算でやや負け越しなので手法や勝つ方法については偉そうな事がいえません。しかし、長年やって勝てないなりに大きく負けない事はなんとなくですが分かってきました。
それは自分の手法に溺れないことです。どんなに調子が良くても、それが偶然であり只の一過性の出来事です。自分の手法が良かったのではなく、自分の手法の方に相場がたまたま傾いただけなのです。そして喜んでいるのは自分だけでなく、相場参加者の半分は喜んでいるのです。だからひたすら謙虚に相場に参加するのです。
私はFXをやり始めた頃、調子がよく何度も連続で勝ち、元金を何倍にも増やしました。その時に思ったのは、普通の人と同じ考えです。これで、食っていける、自分にはFXの才能があったんだ、あの苦々しい営業の仕事を辞められると。そんな事ばかりを考え、自分の手法に絶対的な自信をもっていたのです。
このように考えるのが凡人で相場を舐めている証拠だと、今なら思えます。しかし当時はまだ若く野心家だったので、そんな考えはありません。若く愚かだと、少しの成功がとんでもない成功だと勘違いをしてしますのです。
その後は案の定、しばらくすると手法が通じなくなり、勝てない日々が続きました。それでも謙虚な気持ちがあれば損切を早目に出来たのに、この前はここから逆行した、これぐらいの損失は当たり前だと、自分に都合よく言い訳をして、気が付けば儲けた以上の損失がありました。
その後は必死になってFXを勉強しました。過去の著名な本は読破し、そしてネットでに情報収集の日々です。相場にお金をつぎ込まないで、本屋にお金を投資しました。それを言うと笑われますが、投資の本は高額な物もありますが、ほとんどは適正な本の価格です。この程度なら、月に数冊購入しても負けた金額と比較をしたら安いものです。
そこから学んだのは損切の重要性です。手法は千差万別で時代や流れ、または個人によりどれが良くて悪いとは言えませんが、損切だけは共通していると思います。自分のミスを認めることが何よりも大事で、それが謙虚さに繋がります。これからFXを始めるという場合にはFX口座開設がオススメです。

 

 

FX業者でナイアガラのような下げを見た話

 

あれは数年前、会社の先輩で元銀行員だった人に昼休みに話をしているときにFXについて聞きました。
かなり儲けているらしく、かなり羽振りが良かったようでした。
当時ワールドカップ前で盛り上がっている南アフリカの通貨である南アフリカランドはスワップポイントだけでも儲かると聞いて、早速デモ取引をしてみました。
なかなか上手くいってしまったので、実際の取引をしてみることにしました。
南アフリカランドとオーストラリアドル、あとば小幅な動きの米ドルの取引を始めてみました。
南アフリカランドは売り買いでも、スワップポイントでも面白いくらい儲かり始め、最初は10万円から始めてすぐに倍になりました。
ここで気を良くし、調子に乗ってしまったのがダメでした。
なぜかオーストラリアドルに手を出し、かなりの金額をつぎ込むことになりました。
そして来ました。リーマンショック。
損切りはシッカリと忠告されていたのにも関わらず、惜しくなりなかなかできず、損切りのポイントの幅を広くしていました。
そしてかなりの損失をしましたが、どうにか持ちこたえたかと思っていたのです。
しかし後から時差でもう一段どころか二段、三段、ストップロスを巻き込みバンバン下げて行きました。
グラフは本当にナイアガラ状態で、あまりの速さに私が損切りにしていたポイントでは売れず滑ってしまったのです。
ありえないと思っていたことが、現実に起きてしまい為す術もなく某然としてしまいました。
今はまた少しづつやり始めましたが、あの恐怖が忘れられません。

 

 

ロスカットされて損切りの大切さ

 

FXで生き残るには損切りは絶対に必要です。レバレッジ1倍や2倍でスワップを貯める取引は別ですが、今、人気のデイトレやスキャルピングは損切りしないとロスカットされてしまい、大切な資産を失ってしまうことになります。
ただ、損切りは必要だと頭では分かっていてもどんどんマイナスが増えていくと右クリックが押せない・・という声をよく聞きます。実は私も初心者の頃に損切りをせずに取引していました。
2006年にFXを始めた頃はドル円のスワップが1万通貨で100円も付与されたんです。今では考えられませんが、10万通貨ロングしていたので何もせずに一日に1000円貰えるなんてラッキー・・少し待てば戻るのでマイマスになっている時はスワップで稼いでいたんです。
確かに少し放置していると戻りますが、いつまでも都合のいい取引が続くわけがなく、アメリカの住宅問題でドル円が大きく下がりロスカットされてしまいました。
それから、損切りの重要性が改めて分かり、損切りをして取引するようになりましたが、そう簡単に勝つことは出来ませんでした。勝ったり負けたりの繰り返しでやっとわずかですが資産がプラスになり、取引も落ち着いた感じなので、今でもFXは難しいと思っています。
簡単に勝てるとは思いませんが、どうしても損切りできない場合は指値と逆指値注文を入れてあとはパソコンの電源を落としてしまう、家にいるとチャートが気になってしまうので出掛けてしまうのもある意味いいと思います。

 

 

FX口座は複数持っていると安心

 

FXの口座はデイトレや長期用、スワップ金利を貯める口座など複数持っていた方がいいと思います。私はFXを始めてから9年間で7つほどFX口座を開設していて、それぞれ使い分けています。今は3つの口座しか使っていませんが、スワップ金利を貯めながら長期で運用する口座とデイトレ用と分けています。
まず、複数口座を持っていると何がいいかというともし、メイン口座がシステムダウンしてしまった時に他の口座で取引できるからです。

 

それから、スワップを貯める場合、スワップ金利の高いFX会社を選ぶ必要があると思います。一般的に手数料無料でスプレッドが業界最狭の会社はスワップ金利が安いと感じました。
もちろん、一概には言えませんがスワップ金利で取引するならスプレッドは普通だけどスワップ金利が高い会社がお勧めです。
また、すべての通貨ペアが高いわけではなく、A社は豪ドル円のスワップ金利は高いけど、NZドル円は他の会社より安いといったこともありますから、通貨ペアごとに別の口座で運用しているトレーダーがほとんどです。
複数の口座を開設するのは面倒ですが、少しでも多くスワップ金利を貯めるなら複数の口座を開設した方がお得です。

 

それと口座を開設するとキャッシュバックキャンペーンなどお得なサービスもあるんですね。私がよくやったのは5万円以上の入金と1Lotの取引で5000円が貰えるキャンペーンで、中には1万円貰えるキャンペーンもあって今までに総額10万円ほど貰いました。

 

ところでその売買のシステムを利用する際には、ちょっと気をつけた方が良い事もあります。うっかりクリックです。
売買を行う為の画面には、ちょっと危険なボタンも潜んでいます。その1つが、売買をする為のボタンなのですね。うっかりそのボタンをクリックしてしまいますと、思わぬ売買が確定してしまう事になりますので注意が必要です。
特に画面の操作方法に慣れない時には、ちょっと気をつけた方が良いでしょう。うっかりミスのクリックによって、思わぬ損失が発生している事例は案外多いからです。「このボタンをクリックしても問題ない」と思い込んでいた事によって、うっかりの売買が確定している事例も多々見られます。
つまり取引をする為の画面には危険なボタンも見られるので、最近の金融会社はそのための配慮をしてくれているようです。うっかりクリックをしても、簡単には売買ができないようになっているのです。つまり偶然クリックをしたとしても、売買が確定しないような誤発注防止システムが完備されている訳です。
ちなみに以前は、そのようなシステムは見られませんでした。ある時からそのようなシステムになったのですが、恐らく誤発注の事例が多かったのでしょう。FXの取引画面は、随時システムが改善されている訳ですね。

続きを読む≫ 2015/05/31 10:27:31

FXで利益を発生させる為には、もちろん売買をする必要があります。そしてその頻度は、意外と大きなポイントです。回数が多すぎると、利益率が低くなる可能性もあるからです。
以前に知り合いのトレーダーの方が、ちょっと興味深い事をおっしゃっていました。頻度が多すぎるトレーダーの方は、概して無駄な売買が多いという話です。
その金融商品で売買を行っている方の中には、かなり頻度が多い方もいらっしゃるのです。1日に数十回や100回以上の売買をしている方も、たまにいらっしゃるのですね。
知り合いによると、そのような売買のやり方はあまり良くないのだそうです。無駄な売買が混ざっている可能性があるからです。
そもそもFXの売買は、ある程度着実の方が良い一面もあります。不必要なタイミングで売買を行ってしまいますと、思わぬ損失が発生する可能性も高まる傾向があるのです。もちろんそれでは、利益率が低くなってしまいますね。
それよりも、むしろ「ここだけはまず間違いなく確実」というタイミングで売買を行う方が良いのだそうです。それで売買頻度が激減するのですが、利益率が下がりよりは良いからです。
思えば確かに私も、以前そのような時期がありました。無駄に多くの売買を行ってしまっていた結果、損失が発生していた事も多かったように思います。しかし売買頻度を減らしたら、確かに利益率は高まってきましたね。
もしも現在のFXの売買成績が今一つだと思っているのであれば、ちょっと売買の頻度を減らしてみるのも一法でしょう。

続きを読む≫ 2015/05/31 10:27:31

たとえば株式でいうと2500円株を10000株購入してみると2500万円の現金が必要になってくるわけですが、個人投資家が国内で最大レバレッジとして許容されている25倍を利用してみると100万円の証拠金で2500万円までの為替取引を実現できます。そしてFXは株と違い相場の状況に合わせ買いからでも売りからでも自由に参入していけるところも大きな特徴で、基本的に買いからしか取引できない現物株と違い、どういった相場状況であっても利益を出せるところも高い人気の秘密になっています。そして、これは金融投資取引だと非常に重要なポイントで、FXに多くの参加者が参入して行く理由になっているわけです。そして、FXは取引時間い大きな特徴を持っていて、通常夏時間は月曜の早朝4時にオセアニア市場がオープンしてから日本時間の土曜の朝6時ニューヨーク市場がクローズしてくるまで常に24時間休むことなくいつでも取引していけるところも個人投資家に参加しやすくて人気なのです。そして日本株の取引は朝9時から午後3時と時間も決められていて、副業のサラリーマン時は事前に売買を仕込んでいく以外手がなくなってきますが、FXは、ロンドンのコアタイムは日本時間夜であり、サラリーマンが生業終了後副業として投資をしていきやすいといったメリットがあります。そしてFX取引は通貨ペアを選択してみて、売ったり買ったりすることで利益を得られるようなことが収益源となるわけです。

続きを読む≫ 2015/04/22 07:00:22

私がFXに関して感じた事をお話します。
私はFXに興味を持ち安易に手を出しました。レバレッジも掛けて行いました。そして最初はあれよあれよと儲かりました。まさにビギナーズラックというやつです。それにより完全に調子に乗りました。何の知識も無いのに自分にはセンスが有ると勘違いしました。
そして二ヶ月位経ってそれは見事に打ち砕かれました。結構な額が一気に吹き飛びました。ああ利益確定しておけばと後悔しました。しかし重要なのはそんな後悔では無いと思い直しました。知識も経験も無ければ当たり前の話しです。例えこの時を乗り切っても遅からず同じ結果を迎えた事は間違いなかったでしょう。
世の中でFXは危ないからやらない方が良いと言われたりするのは私の様な結果になる人が多いからでしょう。ではFXは悪なのでしょうか?そんな事はありません。やる側の問題です。ハサミと同じで使い手により危険にも有用にもなると言うことです。
私が大損の体験から学んだのはまずFXは損する事が有るという事です。当たり前の事ですが重要な事だと思います。どうしても勝つ事に重点を置いてしまいがちですが負ける事に重点を置く事の方が重要だと思います。
実際どんなFXの本を読んでも損切りに関して口を酸っぱくして書いてあります。でもなかなかできないものです。ちなみに損切りとは損を受け入れ取引を確定させる事です。それによりそれ以上の損を防ぎます。勿論そのまま待ったらその後損をとり戻せる可能性は無くはありません。しかしズルズル損が拡大するリスクの方が遥かに大きいです。無駄な期待と無駄な時間を使う位ならスパッと切って次に稼げば良いのです。
そして何よりも勉強しなければ駄目だと思いました。そして経験も積まないと駄目だと思いました。その為にまずは勉強する事、そして余剰金にてレバレッジを掛けずに取引き経験を積む事が良いと思いました。レバレッジを掛けずに勝てても掛けた際には気が大きくなったりして勝てない事は有ると思います。しかし、レバレッジを掛けない状態で勝てないのに掛けたら勝てるという事は基本無いと思います。
やはり何事も積み重ねです。

続きを読む≫ 2015/04/22 07:00:22